ニキビにも効果有り?美容液パック

現在、美容液パックの人気が高まり、週に何回かスペシャルケア
として利用するという方も増えていますよね。

美容液パックを使うと、潤いが与えられて、肌がぷるぷるになる
というイメージが強いですが、ニキビやニキビ跡にも良いのでしょうか?

ここでは、美容液パックがニキビに効果的なのか?
ニキビに良い美容液パックにはどんなものがあるのか
ご紹介しています。

■美容液パックはニキビには逆効果なことも

ニキビができる原因も色々ですが、主に乾燥や
過剰な皮脂分泌が挙げられます。

美容液パックをすると、乾燥を防ぐことができますが、
美容液パックを使い過ぎると、水分が多くなって、
逆に乾燥肌が悪化することもあります。

肌はもともと皮脂が分泌されることで、乾燥からガードする
という機能がありますが、保湿成分を補給し過ぎると、
この機能が低下してしまうんです。

また、肌が水分によりもろくなり、雑菌が入り込みやすく
なったり、肌のバランスが崩れて、肌の調子が悪くなる
可能性もあります。

美容液パックは長時間使うと、余計に肌が乾燥する恐れもあり、
ニキビができたお肌には、あまり好ましくないでしょう。

■泥パック

一昔前、泥パックが流行りましたが、これはニキビ肌にも
良いと言われています。

クレイパックとも呼ばれますが、ミネラルをたっぷり含んだ
泥を顔に塗るパックのことです。

泥パックは、毛穴の汚れや角質などを吸着して、毛穴詰まりを
解消してくれると言われており、毛穴詰まりが原因のニキビに
非常に効果的です。

また、肌の代謝を高めてくれるので、ニキビが早く治りやすく、
抗炎症作用や抗菌作用もあるため、ニキビに効果的です。

最近は、紙タイプの美容液パックが主流となっていていますが、
泥パックは、塗って洗い流すタイプが多いため、新しい感じが
しますね。

■炭酸パック

ニキビには、炭酸パックも効果的だそうです。

炭酸パックには、ニキビの原因となる毛穴の詰まりや古い角質
を解消してくれる働きがあります。

肌が多少ピリピリすることがあるので、炎症が強い場合は
使用を控えた方が良いかもしれませんが…。

他にも、ニキビ肌専用の薬用シートマスクなどもたくさん
販売されているので、ニキビが繰り返しできるという方は、
そういった美容液パックを試すのも良いでしょう。

薬用のシートマスクには、ニキビに良い成分が含まれていて、
皮脂をコントロールしたり抗炎症作用などもあるからです。

ニキビでお悩みの方にも適した美容液パックも探せば色々と
あるので、試してみて下さいね。

美容液オイルに配合される成分とその効果は?

美容液オイルは、様々な美肌効果があると人気ですが、
どんな成分が配合されていて、どんな効果があるのか、
まとめてみました。

◆オイル成分

①ツバキオイル(カメリアオイル)

日本特有の植物の一つ、椿より抽出されるオイルです。
大島椿などが有名で、昔から美肌、美髪ケアに重宝されて
きた成分です。肌馴染みがよく、紫外線ケアやニキビ
予防にも有効です。

②ホホバオイル

浸透力が高く、スーっと肌に馴染みながらも保湿力に優れ、
全肌タイプの方に適するオイルです。ニキビや日焼け等で、
肌が炎症をおこしていても使用することができます。
人肌に存在するワックスエステルが含まれます。

③オリーブオイル

食用でも大人気のオリーブオイルですが、ビタミンEが多く
含有されることで美肌効果にもアンチエイジングケアにも
有効です。抗炎症作用もあるため、マッサージオイルとして
も人気です。

④スクワランオイル

もともと人の皮膚に存在する成分で、肌を保護するはたらきが
あります。コーンやオリーブなど植物から抽出される
スクワランオイルと、鮫の肝臓由来の動物性スクワランオイル
とがありますが、両方とも保湿および保護効果があります。

⑤マルラオイル

南アフリカに生息する生命力の強い植物から抽出される
万能オイルで、酸化にとても強く、シワやシミなど
年齢肌に非常に効果的です。昔から、火傷や湿疹などの
皮膚治療にも使用される美肌成分になります。

⑥アルガンオイル

モロッコ砂漠の、乾燥や紫外線が過酷な環境下で生息する
驚異の植物アルガンツリーの実から抽出される希少なオイルです。
さらっとしていて無臭、使い心地が良く、抗酸化作用に優れ、
エイジングケアに効果的です。

⑦杏仁(アプリコットカーネル)オイル

イボ取り効果で有名な杏仁オイルですが、肌のザラつきや
ゴワつきの改善にも効果的で、美容オイルにも使われます。
老化防止効果の高い脂肪酸のパルミトレイン酸が
多く含まれています。

⑧マカダミアナッツオイル

ここ数年、非常に注目を浴びている美容オイルです。
パルトミン酸という成分が含有され、老化に強力に
アプローチすることから、“若返りオイル”とも呼ばれ
ています。また、浸透力も高いので、“消えるオイル”
とも呼ばれ、使い心地が良いことも人気の理由の一つです。

⑨ローズヒップオイル

ハーブティーで女性に人気のローズヒップですが、
バラの実から抽出される赤い色のオイルは、カロチノイドや
ビタミンが含まれ、シワやシミの予防と改善に
効果的です。酸化しやすい性質なので、夜の高級美容液 通販
に適します。

◆その他の美容液の成分

①ヒト型セラミド(セラミド3、セラミド6)

人の皮膚内の角質細胞間脂質にある油性成分のセラミドと
非常に近い構成の保湿成分です。浸透力が高く、低刺激なので、
お肌に優しく潤いをしっかり維持します。

②高麗人参

数ある和漢植物エキスの中でも人気の成分で、古来より
アジアで愛用されている万能成分です。疲労回復や滋養強壮の
食材としてのみならず、シワやくすみ予防などアンチエイジング
や、ハリアップサポート成分としても用いられます。

③アロエベラ葉エキス

200種類以上もの有効成分が含まれ、美肌ケアに効果的です。
お肌に潤いを与え、ターンオーバーを整えることで、
健やかで美しい素肌を叶えます。

美容液オイルのお勧め使用法と順番、気をつけたいこと

こちらでは、美容液オイルの使用法や、注意点について紹介
しています。

◆美容液オイルの使用法と順番

美容液オイルには、様々な美容効果が期待できます。
使用法や順番を変えるだけで、効果も違ってきます。

[基本的な使用法]

基本の使う順番は、化粧水のあとに美容液オイル、そして
クリーム(ご使用の方)になります。

①洗顔後、化粧水を付けた後に使用します。
②美容液オイルを手の平に適量取り、顔全体に
優しく馴染ませ下さい。
③顔全体を手の平でつつみこむように、美容液オイルを
体温で温めながら馴染ませていきます。(お肌をゴシゴシ
こすらないように注意して下さい)
④お肌の乾燥具合によっては、クリームなどでフタをして
あげて下さい。

[お勧めの使用法]

・スキンケアのブースターとして

特に乾燥が気になる時や、日焼けで、お肌がごわついている
時には、化粧水や乳液がなかなか浸透してくれません。

洗顔後、すぐにメンズオールインワンジェル 市販でケアしてあげると、角質が
柔らかくなって、化粧水がしっかり浸透してくれます。
美容液オイルをブースターとして使用するのもお勧めですよ。

・オイルパックでスペシャルケアを!

就寝前に、オイルをたっぷり重ね付けすると、睡眠中の
お肌の乾燥を予防します。

また、バスタイムに、素肌にオイルを塗って5~10分置くと、
古い角質が柔らかくなります。その後、洗顔ですっきり
洗い流せます。

・クレンジングに

一般的なクレンジングオイルと同様の使用法も可能です。

クレンジング専用の商品のオイルには、乳化剤が含まれて
いるので、お湯などでキレイに落ちますが、ピュアオイルを
使う時は、メイクと馴染ませたら、コットン等で一度落として
洗顔すると、きれいに落とせます。

・ボディケアと角質のケア

顔のスキンケアと同じく、首やデコルテからボディまでの
乾燥ケアに使用可能です。特に、肘や膝、かかと等、
角質が溜まりやすい部分のケアにもぴったりです。
マッサージオイルとして使用もできますよ。

・ヘアケアと頭皮のケア

髪や頭皮の乾燥が気になる方のケアにもオススメです。
タオルドライしてから、少量つけてドライヤーで乾かすと、
熱によるダメージから守ってくれます。

また、シャンプー前に、頭皮に馴染ませマッサージすると、
頭皮を健やかに保ち、強く美しい髪へ導いてくれます。

・ファンデーションに混ぜて使用

リキッドファンデーションや化粧直し用ミストに
少量混ぜると、浸透力や化粧持ちがアップし、仕上がりが
キレイです。

・手とネイルのケア

ボディケアと同じく、指やネイルのケアにも使用できます。
少量を指先や爪に塗り、もみこむと、ひびやささくれを防ぎ、
美しいツヤを与えます。

◆気をつけたいこと

・保管や使用期限に注意

天然オイルは、酸化による変質が一番注意したいところ。

空気に触れたり、紫外線を浴びると、オイルが劣化し
お肌の負担となる可能性があります。

できれば遮光瓶に入っているものを選択し、高温や
直射日光を避け、涼しい場所で保管し、開封後1~2ヶ月
で使い切りましょう。

但し、冷蔵庫での保管については、不向きの商品もあるので、
各オイルの指示に従いましょう。

・アレルギー体質の方は要確認

美容液オイルに使用されるオイルは、低刺激の商品が
多く、肌トラブルの心配はほとんどありません。

しかし、添加物不使用の天然成分で作られているからと
いって、全ての人に合う保証はありません。

植物にアレルギーが出たことがある方など、御心配な場合は、
パッチテストを行って使用したり、かかりつけ医にご相談
の上で使用するようにして下さい。

・日中のオイル使用は、気をつけて選択する

オイルを日中に塗ると、日焼け(油焼け)するのでは?と
心配される方も多いようです。

美容液オイルで日焼けしやすくなるってことは基本的に
あまりないようですが、オイルは酸化しやすく紫外線を
受けることでも色素沈着の心配がありますね。

特に、ローズヒップオイルや、グレープシードオイル、
馬油、月見草オイルは、酸化しやすいので、日中の
使用は避けましょう。