美容液オイルに配合される成分とその効果は?

美容液オイルは、様々な美肌効果があると人気ですが、
どんな成分が配合されていて、どんな効果があるのか、
まとめてみました。

◆オイル成分

①ツバキオイル(カメリアオイル)

日本特有の植物の一つ、椿より抽出されるオイルです。
大島椿などが有名で、昔から美肌、美髪ケアに重宝されて
きた成分です。肌馴染みがよく、紫外線ケアやニキビ
予防にも有効です。

②ホホバオイル

浸透力が高く、スーっと肌に馴染みながらも保湿力に優れ、
全肌タイプの方に適するオイルです。ニキビや日焼け等で、
肌が炎症をおこしていても使用することができます。
人肌に存在するワックスエステルが含まれます。

③オリーブオイル

食用でも大人気のオリーブオイルですが、ビタミンEが多く
含有されることで美肌効果にもアンチエイジングケアにも
有効です。抗炎症作用もあるため、マッサージオイルとして
も人気です。

④スクワランオイル

もともと人の皮膚に存在する成分で、肌を保護するはたらきが
あります。コーンやオリーブなど植物から抽出される
スクワランオイルと、鮫の肝臓由来の動物性スクワランオイル
とがありますが、両方とも保湿および保護効果があります。

⑤マルラオイル

南アフリカに生息する生命力の強い植物から抽出される
万能オイルで、酸化にとても強く、シワやシミなど
年齢肌に非常に効果的です。昔から、火傷や湿疹などの
皮膚治療にも使用される美肌成分になります。

⑥アルガンオイル

モロッコ砂漠の、乾燥や紫外線が過酷な環境下で生息する
驚異の植物アルガンツリーの実から抽出される希少なオイルです。
さらっとしていて無臭、使い心地が良く、抗酸化作用に優れ、
エイジングケアに効果的です。

⑦杏仁(アプリコットカーネル)オイル

イボ取り効果で有名な杏仁オイルですが、肌のザラつきや
ゴワつきの改善にも効果的で、美容オイルにも使われます。
老化防止効果の高い脂肪酸のパルミトレイン酸が
多く含まれています。

⑧マカダミアナッツオイル

ここ数年、非常に注目を浴びている美容オイルです。
パルトミン酸という成分が含有され、老化に強力に
アプローチすることから、“若返りオイル”とも呼ばれ
ています。また、浸透力も高いので、“消えるオイル”
とも呼ばれ、使い心地が良いことも人気の理由の一つです。

⑨ローズヒップオイル

ハーブティーで女性に人気のローズヒップですが、
バラの実から抽出される赤い色のオイルは、カロチノイドや
ビタミンが含まれ、シワやシミの予防と改善に
効果的です。酸化しやすい性質なので、夜の高級美容液 通販
に適します。

◆その他の美容液の成分

①ヒト型セラミド(セラミド3、セラミド6)

人の皮膚内の角質細胞間脂質にある油性成分のセラミドと
非常に近い構成の保湿成分です。浸透力が高く、低刺激なので、
お肌に優しく潤いをしっかり維持します。

②高麗人参

数ある和漢植物エキスの中でも人気の成分で、古来より
アジアで愛用されている万能成分です。疲労回復や滋養強壮の
食材としてのみならず、シワやくすみ予防などアンチエイジング
や、ハリアップサポート成分としても用いられます。

③アロエベラ葉エキス

200種類以上もの有効成分が含まれ、美肌ケアに効果的です。
お肌に潤いを与え、ターンオーバーを整えることで、
健やかで美しい素肌を叶えます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です